revtig-001




 宗教弾圧と警察でさえ武装が禁止された近未来のインドネシア。
 寄宿学校の同窓生であるアリフ・ラム・ミムの3人は、警官・新聞記者・宗教家という、それぞれの立場と信義に則って国のため正義のため戦うが、テロ絡みの陰謀に巻き込まれて行く。

 インドネシア製の格闘アクション映画。
 なので、ストーリーは簡単なように見えて途中が二転三転どころか、シャークネード並みにゴロゴロ回転します。(ザ・レイドとかの例外はあり)
 なので、格闘アクション映画だからとストーリー部分を適当に観てたりすると、展開に着いて行けなくなったりします。ただし、だいたいのストーリーは前半で予想できる通りなので、まぁ問題ないと言えば問題ないかも。

 格闘アクションシーンは、スローと早回しが多用されていて演出的に見映えは良いです。主人公3人の格闘能力が高いという設定を画的に納得させるだけの効果はでていると思います。

 インドネシアでの宗教とかイスラム教の立場とかそういうのが分からないので、細部でストーリーに着いていけない部分はありますが、それぞれの立場から人生を戦う主人公3人とか、立場の違いから仲違いもあったが最後は共闘して巨悪に立ち向かうとか、オーソドックスな部分はちゃんとカッコ良く描かれているし、アクションシーンもうまく描かれていたので、私的には楽しめました。




revtig-002
安いCGと実写合成の画像を、字幕で強引に納得させる冒頭。
この画像の前は、武装禁止・宗教弾圧やらの経緯・設定をニュース・記録映像風に一気に見せています。
revtig-003
主人公その1 アリフ。警察の特殊部隊隊員。
たった一人で悪党集団を倒す格闘超人ですが、昔の彼女に未練タラタラというかヨリを戻すことに余念がありません。
インドネシア製格闘アクションなので、リア充は不幸になり彼女は死にます。
revtig-004
主人公その2 ラム。新聞記者。
有能な記者だけど、イスラム教徒なのと信義に反する記事を書くことを拒否するので新聞社内では、やっかい者扱い。
妻子持ちのリア充なので、前述のように嫁さんが死にます。
revtig-006
ラムの一人息子。
小学生ながらスマフォで、学校のサーバーをハックするのが朝飯前のスーパーハッカー。晩飯中にオヤジとメディア論を交わすという困ったガキ。
後半の不幸は、実はこの子の子供故の浅知恵で起こったりしますが、子供なんでガン無視されます。
revtig-007
ラムの嫁さん。メムの従妹。
結婚する際に上の画像の様な事をラムに言われて、着いて来る奇特な人。
前述のように死にます。
revtig-008
主人公その3 メム。イスラム教の寄宿学校の先生。
段違いの格闘超人で近接で撃たれた銃弾を避けたり、複数人の警官が撃った銃弾を気合いで止めたりします。
revtig-005
カフェに掲げてある、宗教的な会話・服装禁止の看板。
revtig-010
物凄い雨の中(という設定)で、かつては同門だった格闘超人同士が戦うシーン。





レボリューション・ティガ [ コルネリオ・スニー ]
レボリューション・ティガ [ コルネリオ・スニー ]

レボリューション・ティガ [DVD]
コルネリオ・スニー
アメイジングD.C.
2017-02-03