アニメ ”ヘボット”のOPアニメが一部追加変更され、EDは曲・アニメ共に変更されました。このアニメについては1話から観てはいるのですが、面白さを文章化するのが自分には難しいうえ、ネタなのか前フリなのかが分かり難いアニメなので、ココでは記事として扱ってこなかったのですが、以下私的備忘録として新OP&EDで気になった所を書き残しておく事にします。

 後々になって読むと、間違ってたり的外れな事を書いているかもしれませんが、その辺はご容赦を。


HeboOPED001
OPより新キャラとなる、ナグリ・ドツーキ。
コレで2児の母で、格闘王という肩書を持っています。
コレを見るにボキャボットとの融合化済み、なので年を取っていないのか?
HeboOPED002
腰にはネジル同様に王家御用達の工具入れが。
HeboOPED003
OP・ED共にこのキャラのカットが多いので、後半はこのキャラをメインに話が進むのでしょうか。
HeboOPED004
サブキャラ集合の図。
ゆーこがナツオ(フユヒコ・ハルキ)ではなく、豚肉を持っているのは……?
ネジキール卿の回の時に、ソルジャーボットにブン投げてたっけ。
HeboOPED005
羊のエトボットとの合体モードが新規追加。
お好み焼きと羊が、どう繋がってるのか皆目不明。
HeboOPED006
左から、犬・牛・ねずみのエトボットとの合体モード。
ねずみはマウス繋がりでパソコンというのは分かりますが、犬と牛は色々考えたけど皆目不明。
HeboOPED007
4英雄 ボキャネジカルテット。
左からオールディス(現ネジ王)、ナグリ(現ナグリ王妃)、ジル(現ジル国王)、ノリオ。
後にいるのは、監視者サーツゥルヌス(現土星ババァ)
ナグリが腰に巻いてるのは、格闘チャンピオンのベルトかと。
ジル国王の若い時と、いまが変わり過ぎ。
HeboOPED009
新4英雄、左からモエル、チギル、ネジル、ボキャ美。
後はネジ王。(サーツゥルヌスからロールを引き継いだ?)
カスリーナではなく、ボキャ美がこのメンバーにいるのが謎で、カスリーナは別に重要なロールがあるのか?
なお、ネジ王が赤鉛筆を刺しているのは、中の人繋がりのネタかと。
HeboOPED010
エトボットもシルエットから全解禁。
PC用メガネをかけてたり穴あきチーズ、マウスパッドぽいのにマウスが乗っているのは分かるのですが、牛のデザインにドリルとかCDっぽい円盤というのが分かりません。ギュウとギュィ〜ンをかけてるのか?とも思ったのですが、たぶん違うかと。
HeboOPED011
ここで追加されてるのは犬。犬なんで、犬のお巡りさんつながりで、おまわりさんぽい帽子とか被ってるという分かり易さ。(と、見せかけて別の何かなんだろうな)
HeboOPED012
同じ金型もとい、同じオイルの流れる兄弟機でのボキャネジ合体モード。
HeboOPED013
何かゾンビっぽいネジルが大量に。
HeboOPED015
ここからED。
本編からEDに入り易い前奏で、アニメのED曲としてはまず合格ですが、そこはBishの曲なので、いきなり不穏な詞から始まります。ですが、ED画のほうが更に不穏でそんな事気になりません。
HeboOPED016
前EDが好きだった人向けに、「ぴゃー」の部分は抜き出しておくという好配慮。
HeboOPED018
EDでのエトボット。
ネズミのマウスパッドの形が、怒られるラインのギリギリを攻めています。
HeboOPED019
EDでのナグリママ。
HeboOPED017
誰の作詞の曲なんだろう?と思っていたら――、
HeboOPED020
Bishのメガネの人だった。
ちゃんと担当箇所でクレジットが出てるのは、偶然か?配慮か?
HeboOPED021
OPではネジルとヘボットが走っているのですが、EDではメインキャラ全員が走っているなか、一人づつ消えていくという不穏な演出に。オマケにネジルだけ前に駆け出して振り向くと……、という更なる不穏な演出が……。
HeboOPED022
次元ネジに吸い込まれているネジと、ネジル親子の写真。
なんですが、ここでも1人づつ消えていく演出が。
と、やたらと不安感を煽るような不穏な演出が多いですが、同じ脚本のトラクル・ブレビーも同じように不穏さを出しながら、最後は普通にハッピーエンドだったりしたので、たぶん大丈夫……。(監督がどういう演出が好きかは知らんけど)