dfesR05-014

 今回は及川慎のキャラ推し回。回転寿司とエンガワも出て来た事で、これで主要キャラが全員揃い踏みした事になります。

 あんまり喋らないキャラなので、メインに描くには難しいキャラなのですが、ゲストキャラを含めた周辺のキャラを上手く使ったり、普段ならまずないであろうギャグ的な役回りをさせたりもして、うまくキャラを魅せていました。

 ただ、あまりに主人公が活躍しないのもどうかという気はします。構成的にはこの2期は起承転結の承にあたる部分で、主人公が出て来た事を承けて周囲がどう変わるか、そういう部分を描いているのは分かるのですが、もう少し2期から入った人への配慮はあっても良いかなと思ったりもします。(12話づつの分割だから、しょうがないかなと思うのですが)



dfesR05-001
子役時代の半角カナの人。少年探偵Xという役の模様。
何故か子役時代のほうが台詞読みがウマイですが、子役時代の声優が藤村歩という豪華仕様なので、その辺は気にしない方向で。
dfesR05-002
で、現在は「教頭は小学生」という、意味不明なドラマに出演中。
dfesR05-008
現在の半角カナの人。
久々のドラマ出演とアイドル業との兼業にテンパり中。
dfesR05-007
ドラマ「教頭は小学生」の主役である、現役バリバリの子役 真壁颯太。
こちらも声優が沢城みゆき師匠という豪華仕様。
dfesR05-017
颯太のマミー。声は豊口めぐみとこちらも豪華仕様。
教育TV(現Eテレ)のめぐみおねいさんも、オバサンの役をやる年になったようです。(まぁリアルに子持ちだし)
やたらと半角カナの人に冷たくあたりますが、全国行脚で得た特殊スキル オバチャン落としで、あっさりリーダーのファンに。
dfesR05-009
「ヨシ、ジャア、イッテクル」とステージ衣装のままドラマ撮影に向かおうとする半角カナの人。
dfesR05-010
レッツ、ヨつんバインな半角カナの人。
dfesR05-011
今回は腹パン先輩が出ないので、その代わりにアドバイザー役はウザさ先輩が担当。
何かネトフリのオリジナル映画に、似たようなタイトルの映画がありますが、あっちは名前がハンサムだけど見た目はハンサムでない(というか太ったオジサン)というキャラだったりします。
dfesR05-012
ウザさ先輩だけだと、ちょっと弱いと思ったのか、もう1人アドバイザー役でリーダーも登場。
dfesR05-015
dfesR05-013
5話にして、遂に回転寿司登場。
ちゃんと寿司が廻っていたりします。
dfesR05-014
エンガワとタマゴ、それぞれの持ち味で勝負すれば良いという、回転寿司的哲学が展開する事に。
dfesR05-016
ドラマの台本。細かい所まで手を抜かない所は良いかと。(但し、予算の関係上CGライブシーンは除く)
dfesR05-018
ドラマ本番中のチンピラ役の人。
dfesR05-019
本番終了後のチンピラ役の人。
dfesR05-021
今回のCGライブシーンの笑い所というか、意味不明シーン。
dfesR05-022
他の書き込みのハンドルが普通に名前なのに、何故か一人だけ「ENGAWA BLUE」になっているのが謎というか不自然というか。
私的に実は半角カナの人のマミーという事にして納得しています。
dfesR05-023
こういうのは、笑う所なんでしょうか? ワカラン……。