dfesR04-001


 今回は2・3話と重めの話が続いたので、バランスを取るために軽めの話に。通常の構成ならコレで良いのですが、総話数11話(+1話)という状態で遊び回を入れて大丈夫なのかという気も。

 たぶんアイカツの先輩の仕事について行って、何かを学ぶという話のリサイクル回だったのが、脚本がヘボットで「脚本がガンギマリだった」とか「今日は脚本のクスリの量が多かった」と言われる回の担当だった久尾歩氏だったので、ドッキリと運動会を混ぜるという仕様になったかと思われます。

 それでも、短時間のうちに遊びやギャグを見せつつ、話やキャラもちゃんと見せるといううまい作りになっていたと思います。



dfesR04-002
楽屋に突撃したら、マダオが凄い情報収集してた。
dfesR04-003
統合型情報収集システムで、各国メディアのあらゆる情報を収集中のマダオ。
dfesR04-004
楽屋に突撃したら、楽屋が和室になっていて馬がいた。
この辺りで、今回の脚本がダレか予想できたり。
dfesR04-005
置物かと思ったら、本物の馬で屋内なのに走ったりと、このマジキチ度は完全に初期のヘボット。
dfesR04-006
何かこのアニメの制作スタッフって、徹子の部屋好きだよね。
他作品でも、何かというと出て来るし。
dfesR04-008
楽屋に突撃したら、パンイチでラーメン作ってた。
もうジャガーっぽく「ワカラン」としか言えません。
dfesR04-009
運動会シーン。
普通の競技もありますが、崖だとアイカツまんまなので、ボルダリングに変えた模様。
dfesR04-010
ただ、やっぱりマジキチ要素もプラスしたいのか、こんなのもあったり。
dfesR04-011
二人騎馬戦でハブられる腹パン先輩。
ここの「うそ〜ん」の言い方が、ヘボットのエース・オカの言い方と一緒なのは、音響演出の人がヘボットと一緒の人のためかと。
dfesR04-012
今回出番は少ないわ、腹パンは無しわで、散々な腹パン先輩。
dfesR04-013
運動会後、みんなが「ドッキリで良かった」と安堵する中、あんまり良くない事態になっている半角カナの人と豆腐メンタルマン。
dfesR04-014
「あんな事あるわけない」という社長と、「おかしいと思った」という紫。というか、紫は気付いてたろ絶対。
dfesR04-015
紫に「コイツ気付いてたんじゃ」と疑惑の目を向けるペリー提督。
dfesR04-016
リーダーが「ドリア」といった瞬間に反応するペリー提督。
その後の「ドリアはうめぇ」の台詞からもドリア好きが判明。





ドリフェス!R 1 [Blu-ray]
石原壮馬
Happinet
2017-12-02