THR-DH-35-005



 ドック火災の救助に出動する機動救急警察だったが、そこで邪悪AIが作った偽ドライブヘッドの急襲を受ける。同じころ機動救急警察本部も、偽ドライブヘッドの攻撃受けてしまう。SIBマックスも救援にかけつけ総力戦で向かえ撃とうとするが、リミッター解除され攻撃用化された偽ドライブヘッドに苦戦を強いられる事に――。


 今回はいつものように一応レスキューシーンはあったものの、実質子供向けロボットアニメとなっていました。話の展開なども含めてロボットアニメのスタンダードな作りになっていましたが、叫んだりするシーンでの声の演技の弱さが出てしまっているのが、ちょっと残念と言えば残念。(この辺は普段そういうシーンがないので、仕方がないと言えばそうなんですが……)

 それ以外は、メイン・サブ共に主要キャラの見せ場もあったし、CG戦闘シーンもかなりカッコ良く出来ていたし、盛り上がるだけ盛り上げて更に次回への惹きもちゃんと用意して終わるという、かなり良いデキの回だったと思います。



THR-DH-35-001
今回のサブタイ。今回も内容まんまのサブタイですが、「偽」というのを入れなかったのは字数の問題なのか、どうかは不明。
THR-DH-35-002
敬礼ガン無視なうえ、何故かネコ背で歩く黒江田隊長。
THR-DH-35-018
少し先の未来では、厚労省は昔みたいに分割されて厚生省に戻っているようです。
しかし、人体金属化は厚生省でどうにかできる案件なのか?という疑問も。
THR-DH-35-019
THR-DH-35-020
人体金属化にかかった人の共通点。
ネット民全滅確定。
THR-DH-35-003
今週の本田先生。
「トイレに行く」と言って出て行ったゴウが、そのまま帰って来なくても何ら不思議に思わない面白担任教師なのはいつも通り。
THR-DH-35-004
THR-DH-35-006
THR-DH-35-014
偽ドライブヘッド。
ベースはマーク1機体で、3機のドライブヘッドをミックスした機体構成なのと装備がレスキューギアではなく、武装へと変更。(インジェクトガンが溶解液だったり、ウォーターガンが火炎放射器だったり)リミッター解除と出力アップでマーク1ベースながら、マーク2やガイア以上のパワーを所持。
THR-DH-35-007
ガイア2・3号機で対抗する事に。急遽、新門が3号機を操縦する事に、予想通り活躍しませんというか、できません。
THR-DH-35-010
THR-DH-35-011
THR-DH-35-012
元愛機であったソニックの同型機で、破壊行為が行われた事に怒る、ゴウの必殺キックが炸裂。
ロボットが空中で回転してキックとか、キック一発で爆発とか昨今では見かけなくなった、子供向けロボアニメのノリが最高です。
THR-DH-35-013
THR-DH-35-015
戦闘仕様機なので、今回は見せ場がテンコ盛りなうえに、ヒロインではないけど安斎危機一髪なシーンに現れるなど、主役機っぽいシーンもあったりで大活躍のSIBマックス。
THR-DH-35-017
報道リポート中に、思わず私情出まくりの笹川アナ。
ここの作画枚数だけ異様に枚数がアップ。
THR-DH-35-021
THR-DH-35-022
今回のタイガはやたらとゴウが心配な模様で、自分の事そっちのけでゴウの心配をしまくります。
THR-DH-35-023
みんなが総力戦で戦っていたのに、安全な指令室に籠っていたヤツが何かカッコ付けて言っています。
THR-DH-35-024
そう思うなら、お前も何かヤレ!
新門&安斎が背中蹴っ飛ばしてビルから叩き落しても、誰も文句言わないかと。




【PCSC限定】トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察 Blu-ray BOX(2) [Blu-ray]
【PCSC限定】トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察 Blu-ray BOX(2) [Blu-ray]