THR-DH-32-011


 邪悪AIの攻撃により、出動不可能な状態になってしまう機動救急警察。刈狩博士の未完成な対邪悪AI用ウィルスを、メンテサポートメカのピットが完成させた事で、邪悪AIを駆逐する事に成功。そして、ピットのAIの中に搭載されていた車田乗太郎博士から、ドライブギアの秘密が語られる――。


 前回から続きの話であり、1話からの謎だったドライブギアの秘密とゴウたちがドライバーに選ばれた理由が判明する、設定的には重要回でした。

 戦闘シーンが結構あるのかなと予想してたのですが、その辺はSIBマックスに任せて、サイクロンに最低限の戦闘シーンがある程度で、いつものように基本はレスキューでした。この辺は後半にあるドライブギアの秘密との兼ね合いもあって、そういう展開にできないというのもあったと思います。あくまでレスキュー主体のアニメなんで、ドンパチで解決というのでなく、知恵と勇気で困難な状況を打破して行くのが自然かと。

 前回・今回と主人公たち&主人公メカたちが、あまり活躍しない形で終わったのはちょっと残念でしたが、謎となっていた部分の解消やラストへの前フリとストーリーメインで進めないといけなかったので、この辺の残念感はラストの話で主人公たちが活躍して解消してくれると思います。



THR-DH-32-001
今回のサブタイトル。そのまんまの内容になっています。
THR-DH-32-002
暴走ウォーカービーグルに、単機で挑むSIBマックス。
他の警察とか自衛隊とかは、みんな海外研修中という事。(ではない)
THR-DH-32-003
もう、完全に乗っ取られて、打つ手なしという状況に。
THR-DH-32-004
そんなわけで、手動で出動する事に。
THR-DH-32-013
そう思うなら、お前も手伝えよ。
あと、隣にいる警官は誰だよ。
THR-DH-32-005
女子チームは、発進ゲートの爆破を担当。
THR-DH-32-014
THR-DH-32-015
緊急時のマニュアルと、そのための講習も一応はしてた模様。
なんとなく、何か元ネタがありそうな会話。
THR-DH-32-007
THR-DH-32-006
さすがに手動だと時間かかり過ぎと判断して、チェーンソーを改造して電動ドライバーを作成。さすが技術部長は、伊達ではありません。
THR-DH-32-008
ジェットストライカー形態で、カーフォーム用の発進ゲートから出るサイクロン。
THR-DH-32-016
ネットに繋がってなければ、邪悪AIの影響を受けないと言っている新門ですが――、
THR-DH-32-017
ピットを見て、「邪悪AIに操られて…」とか言う新門。
何でそう思う。ピットはネットに繋がってないだろうに。
THR-DH-32-009
今回の主役とも言えるピット。
THR-DH-32-010
刈狩博士の未完成ウィルスプログラムを、一瞬で完成させるピット。
たぶん「何だこの汚ねぇコードは、俺がきれいに最適化してやらぁ」とか人間キャラなら言ってそう。
THR-DH-32-018
さすがピット、あっという間にウィルスプログラムを完成させて、邪悪AIを駆逐してしまいます。
新門が「刈狩の―」と、刈狩博士を呼び捨てにしてるのが何か変。
THR-DH-32-012
病院から脱走した刈狩博士は、早速ステーキを食べています。
新門に呼び捨てにされてる事など知らないのでご機嫌です。
THR-DH-32-019
倫理的・法的に問題はないのか?
THR-DH-32-020
天才のようですが、ネーミングセンスはあんまりない感じの、車田乗太郎博士。
THR-DH-32-021
冗談で場を和ませる気質は、車田家の家系の模様。
THR-DH-32-022
生前の車田乗太郎博士と、若い頃の車田ジョー技術部長。
博士が眼鏡をかけていたり白髪だったりするので、この写真を撮る以前にピットのAIに人格・記憶移植した模様。



【PCSC限定】トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察 Blu-ray BOX(2) [Blu-ray]
【PCSC限定】トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察 Blu-ray BOX(2) [Blu-ray]



ヘルプ ユー(C盤)
さとり少年団
SDR
2017-11-15

マイ・フレンド/キミでいっぱい(C盤)
EBiSSH
スターダストレコーズ
2017-12-13