観たモノとかのBlog

観たアニメ・映画・TVとかそのほか諸々を、書き残したりするBlog

タグ:科捜研の女シーズン16

 防犯システムで密室となった家で他殺体が発見される。密室での犯行の謎を追う科捜研と捜査陣。そんななか、マリコの行方が分からなくなってしまう――。 今シリーズの最終話。だったのですが、シリーズ最終話としては少しパンチが弱い話に。それでも行方知れずになった主 ...

 女性の絞殺体が発見される。現場から検死のために洛北医大へ向うためバスに乗ったマリコだったが、そのバスがバスジャックにあってしまう。バスジャック犯の目的が、絞殺事件の犯人探しと知ったマリコは犯人探しに協力を申し出る――。 今回のサブタイトルは”地獄のバス ...

 登山道で銃撃された女性が保護され、山小屋で男性の銃殺体が発見される。残された7枚の写真から事件の経緯と犯人を捜索しようとする科捜研だったが――。 という話だったのですが、今回もいつものようなツッコミ所と笑い所満載なのはそのままに、ご都合主義全開のストーリ ...

 寺の蔵の中で建設会社社長の刺殺体が発見される。内鍵がかけられ密室となった蔵の謎を解くうちに、寺周辺の環境変化を調べる大学教授が容疑者として浮かび上がるが――。 いつもの低クオリティとツッコミ所・笑い所満載なのはスルーして見るとして、全体的には点として存 ...

 公園でデイ・トレーダーの男の刺殺体が発見される。事件現場で不審者を見かけた証言を得て似顔絵を作成するが、似顔絵かき担当の警官と容疑者は過去の強盗事件で繋がっていた――。 今回も科学要素は薄目というかオマケの回。どちらかというと、警官とかなる人は、主人公 ...

 製薬会社幹部が撲殺される事件が発生。花街のしきたりに阻まれ聞き込みがはかどらない中、第2の事件が発生。事件に土門刑事の代わりにやって来た刑事の影が――。 今回は科学捜査要素は薄めというか、科学捜査はオマケ程度の普通の事件ものになっていました。それ以外はい ...

 フランス人旅行者の刺殺死体が発見される。被害者が立ち寄ったフレンチレストランに事件解決の鍵があると見た科捜研だったが――。 今週は科学捜査要素は薄めの回。序盤で不自然に首を掻いてたりして、モロ真犯人ですの人が登場したり、それを全力でスルーしたり被害者に ...

 絞殺事件の真相を追う科捜研。被害者の知人である作家の秘密を知る事になる――。 ツッコミ所満載なのとご都合主義なのはいつもの事なのですが、それでも今回はちゃんと話もまとまっていたし、映像的にも鏡や花を暗喩的に配置した画作りがされていて、面白い作りの回にな ...

 科捜研の女 シーズン16 正月SP 2時間枠でのSP版で、相馬涼に変わる物理研究員 橋口呂太の登場回。 なんですが、正月初笑いSPとなっていました。もう制作サイドが狙ってやってるとしか思えません。特に事件の真相が語られる終盤は、もう笑い過ぎて腹痛くなってきました ...

 7、8話と続き話。 連続爆破事件の捜査と爆破阻止に奔走する科捜研というのがメインで、オマケで科捜研の一員である相馬涼の退場話。(本当にオマケ程度で、あっさり退場した) 2週に渡る話で尺が長く、犯人逮捕後にももう一捻り入れるなど話としては面白く観れましたが、 ...

↑このページのトップヘ