fakyu10-006

 もず山中学との練習試合 最終戦、こより・くるり戦の回。

 作画面で所々キャラの顔が怪しい部分がありましたが、その分ストーリー面が良かったので、作画面のマイナスはチャラという事にしておく事に。

 原作よりもう一歩踏み込んだ形で、くるりが自分の間違いやざくろ以外にも自分を認めて付いて来てくれる人たち(部員たち)がいる事に気付くのが描けていたと思います。


 試合後の件もアニメオリジナルの部分があり、それがくるり以外のキャラの掘り下げになっていたのも良かったかと。(くまパンツは残しても良かったんじゃないかと思ったのですが)

 ところで、番組のフローが回によって違うのはどうなんでしょうね。手間やら尺の取りようを考えればテンプレ作って同じフローで行ったほうが、制作側・視聴側双方にとって楽かと思うのですが……。(いきなりアヴァンのナレーションさせられる声優も大変だろうし)

 次回は合宿の話のようですが、日本一先生の扱いがどうなっているのか楽しみです。


fakyu10-001
こより・くるり戦を観戦中のもず山中の面々。
ゆらゆらさんは映りません。(そういう立ち位置のキャラなんで)
ハム子の顔が適当に描かれ過ぎ。
fakyu10-002
同じく観戦中の雀が原中の面々。
コチラは部長が見切れています。(袖の端だけ映ってる)
fakyu10-003
試合中のイメージシーン。
くるりのデッサンが変というか、大きめに描いた体に普通の顔を取って付けたみたいになっています。
fakyu10-004
強敵相手にはしゃぐ某戦闘民族みたいなこより。
fakyu10-005
あがりに怒られるが、まるっきりバカじゃないらしく、実は対抗策を練っていたこより。さすがは県ベスト4、都ベスト8とは違います。
fakyu10-007
なんか石ころを打ってるような画になっています。
fakyu10-008
試合中に進化したカーブドライブを放つも、この後変態を越えた変質者に豪快に返される事に。
fakyu10-009
色んな液体やら体液を纏って、飛んでいくピンポン球。
fakyu10-010
試合終了。
やっとこさ自分の間違いに気付いたくるり。
目からよだれが大量に。
fakyu10-011
試合後。
ほくととあがりを餌付けしようとするハム子。
fakyu10-012
試合中ゆらゆらしてる意味が無かったので、ここでゆらゆらしてる事の効果を見せる事にした模様。
fakyu10-013
で、その効果はというと、胸を揺らせるという未知の領域(と書いてクダラナイと読む)だったという。
fakyu10-014
二重丸くるりセラピー完了で終了。





灼熱スイッチ
雀が原中学卓球部
エイベックス・ピクチャーズ株式会社(Music)
2016-11-25


僕らのフロンティア
Girls! Wake Up
エイベックス・ピクチャーズ株式会社(Music)
2016-11-25