東京では今週2話連続放送だったらしい、面白声優ドラマの第5話。

 今回は大阪弁の人のサブキャラ回。声優ネタが尽きたのか同じような話ばかりでは飽きられると踏んだのか、何かこの手のドラマに普通にありがちなパターンの話をぶっ込んで来ました。尺が30分であっという間というか、なし崩し&ご都合主義で問題があっさり解決するのはお約束なんでスルーするとして。今回のこの展開の話ならサブキャラ回の最初か最後に持って来るべきだと思います。他のみんなが仕事決まって1人取り残され、という流れからのこの話なら分かるのですが、まだ1名同じように頑張っているなかでの、この話は流れとしてあまりよくないかと。

 また、今回の話は深夜アニメで言う所の、テコ入れ回的なものを狙ったのかもしれませんが、私的周辺のアニヲタさん曰く「作画が悪くてテコ入れになってない」という事なので、あまり効果はなかったようです。しかし、ここまで温い感じに話を進めていたのに、急に舵を大きく切ったのも含めて色々と、今回はおかしな回だったかと。

 今回の戸松さんは、何か目が赤かったという印象しかありませんでした。他はいたって普通というか、話の展開上必要がなければ無理して出さなくても良いような気がするんですが……。普通にドラマやっただけでは観ないし、話題にもならないと思ってるんでしょうか。きっちり30分尺で面白いドラマ作れば、普通に観るし話題にもなるし、深夜枠のドラマってそういうモンかと。