THRDH-web02-001


 12月で放送終了したトミカ・ハイパーレスキュー・ドライブヘッドのwebシリーズの3話。(2話は回想ダイジェストなので割愛)


 1・2話と過去作の流用と回想的なシーンのみでしたが、今回からは完全新規製作。話のほうは謎のステルス戦闘機の攻撃で、大破したブレイブバックドラフト。列車事故の救助のために完成したマーク3マスターバックドラフトが発進するといった内容。

 15分尺(実質12分)の短い尺なのでテンポ良く話は展開。とりあえず話の展開がメインで、キャラの内面とか心情とかは要所のみを押さえて描いています。この辺は今回脚本・演出・絵コンテとベテランの人が担当しており、うまくまとめているなと思いました。

 ただ、ちょっと気になったのは今回ステルス戦闘機が出て来て戦闘シーンがあったのですが、出来ればレスキューという部分は崩さずに話を展開して欲しいなと思っています。レスキューという部分が本作の特色なわけで、ココでそれを捨ててしまうような事はしないで欲しい所です。


THRDH-web02-002
THRDH-web02-003
モブ厳とまでは行きませんが、TVシリーズではなかったモブキャラが危険に晒されるシーン。
THRDH-web02-004
ビルを押し支えるドライブヘッド3機。
地面が液状化してるのに、どうやって踏ん張っているかは不明。
THRDH-web02-005
謎のステルス戦闘機。
プレジデントマンが操縦してるかどうかは不明。(絶対違う)
THRDH-web02-007
ステルス戦闘機の3面図。
やっぱプレジデントマンじゃあ……、では無いと……。
THRDH-web02-008
大破したマーク2を解体中。
何かTVシリーズでは見た事ないオジサンたちが作業をしてます。
THRDH-web02-010
TVシリーズ最後に、邪悪な意志が憑依したアンドロイドか?
今シリーズの敵役かと(たぶん)
THRDH-web02-012
カサンドラがクロスして、列車が落ちそうな鉄橋。
THRDH-web02-013
案の定落ちますが、全部落ちるとレスキューする事がなくなるので中途半端に落下。
THRDH-web02-014
相変わらずデカいエロ本田先生。
尺が短いのにこのシーン要るか?と思われる人もいると思いますが、ドライブヘッド的に作画スタッフのモチベーション的に必要なシーンです。
THRDH-web02-015
マーク3のバイパー。
デザイン的にマーク1のデザインに近くなっています。マーク2のデザインは評判良くなかったのでしょうか。
THRDH-web02-016
マーク3のカーフォーム。
付属部品を除けば、かなりマーク1に近いシルエットかと。(金型を流用しているので、このデザインになったのか?)