THR-DH-14-022

 ビル解体工事中に起きた爆破事故、ビル倒壊被害を最小限にするため、サイクロン・インターセプターの新装備AM512マグナムでの一点狙撃に挑む事に――。

 周辺がワチャガチャするなか、アニメのほうも多少は制作サイドにテコ入れでもあったのか、今回は作りもちゃんとしていて、話としても面白かったです。ストーリー部分で、本筋の事故と絡めつつ子供向けらしいフリとオチがありつつ、販促アニメらしく新メカ・サイクロンをメインに魅せながらも、他の2機にもちゃんと出番を作ってあったりしました。(無駄に変形・合体バンクがあるのはご愛嬌)

 新キャラとして、主人公ゴウの母親が初登場。どう見ても一般主婦には見えないスタイルなのは設定上何かあるのか、単なる制作サイドの趣味なのかは今のところ不明。(たぶん趣味の線が濃厚)

 徐々にですがアニメのほうも面白くなりつつあるので、このまま面白くなる方に進んで行って欲しいものです。


THR-DH-14-001
アバンのCGモデルが、サイクロンに変更。
OPはまだソニックだったりします。
THR-DH-14-018
サイレンの音だけで、ドライブヘッドだと分かるマニアになった、
笹川アナ。
THR-DH-14-002
サイクロンの登場に顔を赤らめる笹川アナ。
この世界はメカ好き女子が、大量にいる世界のようです。
THR-DH-14-019
何か勝手に煽り文句というか、キャッチコピーというかを考えてる笹川アナ。
THR-DH-14-020
ここ画だけ見ると、ただクルマが走っている程度にしか見えないのですが、台詞が加味される事でそれっぽく見えてきたりしてます。
THR-DH-14-003
バンクでない変形シーンで、カッコいいポースを取るサイクロン。
THR-DH-14-004
笹川アナ以外の報道陣が、出て来たの初めてかも。
THR-DH-14-005
何かカッコいいカット その1
今回は結構カッコいいカットが多かったような。
THR-DH-14-008
何かカッコいいカット その2
画面の奥行きもだしながら、各メカの大きさも分かって良いカットかと。
THR-DH-14-007
ゴウとサイクロンが、あっさり事件を解決して、出番が無くてぶーたれるミコト。何か最近は変顔要員になりつつあるような。
THR-DH-14-009
危険を伴う取材は笹川アナが一手に担当。
いつものラーメンどんぶりを被って現場取材中。
THR-DH-14-021
いきなり子供向けとは思えない台詞が出て来たりして、油断できません。
THR-DH-14-010
毎度お馴染みの、謎のハッキング。
もうそろそろ、コレが何なのか何者なのかという話があってもいい頃かと。
THR-DH-14-011
規制線を張る、イエロートータス。
どうやらこのメカも、AIメカの模様。
THR-DH-14-012
レスキューヘリをVR操縦中の宗像チーフ。
ヘリ操縦しながら、各機への指示・本部への報告までするという、相変わらずの超有能な現場管理職っぷり。
THR-DH-14-013
ビルの屋上から狙撃中のサイクロン。
側面や後頭部は、こんなデザインになっている模様。
THR-DH-14-023
CG班もどうやら少しは重量感とか、タメを意識するようにはなって来た模様。(CG班というより、演出・絵コンテの指示かも)
THR-DH-14-014
食事に行く予定だったビルが、自分たちが壊したビルだと知って落胆するゴウ。
こういうギャグっぽい動きをメカにやらせてるシーンも、子供向け販促アニメには必要かと。
THR-DH-14-016
今回初出のゴウの母親 車田久美子。
子供の前で豪快にイチャコラしまくる。
THR-DH-14-024
おねショタノルマが無いと思ってたら、最後に声だけ出る新門先生。声優さんを絶対使わないといけないとか、ノルマがあるんでしょうかね。
THR-DH-14-017
で。次回はまた新メカがでるようです。
どうやら、新製品をガンガン出して行く、ここたま方式に方針をシフトしたようです。







ワチャ-ガチャ! (TYPE 03)
SUPER★DRAGON
スターダストレコーズ
2017-06-28