supercar-s2-03-011

 今回は戦闘機のスピットファイヤー風に外装をデザインし、更にコルベットにゼロヨンで勝てる英国製のクルマを、4週間で作れという依頼。

 今週は前回までのベースになるクルマを改造するのではなく、ベースになるクルマ探しから自分たちでして、ほぼイチから作っていく形になって、なかなか面白かったです。

 前シリーズのVIP用セキュリティ&ガード専用カーの時に出て来た、メキシコ人のビクターさんも登場にして、いつも以上にメカニック側の暴走が激しくなっていました。前シリーズのボスのように、チェックが細かくないのがその原因かと思われますが、最終的には依頼人が満足して終わってOKというのがパターンなんで、多少モメるシーンとかはあってもこの好き勝手やるパターンで行って欲しい所です。

 今回気になったのは、どう見ても廃車同然のクルマを、ボッタクリ価格であっさり購入してる所。いくらメカニックで相場を知らないにしても、いくらなんでも酷いだろうと思いました。まぁ依頼人に儲けの出る価格で売りつけるので、その辺緩くなってるかもしれませんが……。



supercar-s2-03-001
依頼人所有のスピットファイヤ。英国製のクルマの外観をこれっぽくしろとの事。
supercar-s2-03-002
で、上の条件を満たしつつ、このコルベットに0-400のドラッグレースに勝てとか。
supercar-s2-03-003
メキシコの廃車置き場で、このクルマを見つけてベース車にする事に。
廃車同然のポンコツですが、ボッタクリ価格で購入。
supercar-s2-03-004
今回の作業ポイント。
1・全部バラして、使える部品と使えないスクラップに仕分ける。
2・エンジンパワーに耐えられるように、剛性を補強する。
3・コルベットと同等のスピードとトルクを得るため、エンジンを乗せ換える。
4・外観をスピットファイヤ風にする。(色とか排気管を前面に持ってきたり)
supercar-s2-03-005
フロアにグラインダーかけてたら火事になった。
「みんな逃げろー」とか言ってる状態ですが、クルマ的にはほぼ廃車なので燃えても大したダメージではなく、ガレージの外で笑ってたりします。
supercar-s2-03-006
改造をしながら同時進行で、ドラッグレースのトレーニングも開始。
supercar-s2-03-007
エンジンは何かV6でも行けるというビクターさんの意見に、V8じゃないとヤダとか言ってV8になる。
supercar-s2-03-008
スーパーチャージャーやら取り付けたり、エンジンカバーに英国国旗をあしらってみる。
supercar-s2-03-009
戦闘機の外装っぽいリベットを、エアブラシで描いてみる。
職人さんがこだわる人だったために、不眠不休でまる1日かかったけど。
supercar-s2-03-010
火事があったり、ボスに怒られたりして、出来上がったクルマ。
supercar-s2-03-012
コルベットとドラッグレースを開始。
どう見てもコルベットがスタート出遅れてますが、番組的にキレイに終わらないので、改造がうまく行って勝った事に。