sandan06-010


 今回は前回の続きで、西宮諒・源誠一郎編の後編。前回は諒メインで話が展開しましたが、今回は源 生徒会長寄りで話が展開。

 何かうやむやの内に何もかもが、とりあえず解決したテイになっています。この辺りは今後の話に続く感じになるのかもしれません。続かないにしても、あまりこの辺を長々掘られてもという気も。ただ、今回の終わり方なら、前回はもう少し軽く行っても良かったのではないでしょうか。それか、諒・生徒会長個別に1話づつエピソードを取った後に、5人が合流するエピソードを持って来たほうが……、と思ったりもしたのですが、総話数も考えると今回の展開が妥当だったのかなという気も……。

 という訳で、これでメインキャラ5人が合流して、やっと本格的に話が動き出すわけですが、1話冒頭にこれからどう繋がり、最後にどうオチを付けるのか楽しみにしたい所です。



sandan06-001
今回のサブタイ。
もう完全に本編の内容と関係なくなっています。
sandan06-002
今回登場の妙に味のある生徒会長のクラスメート女子。
祐の話し方などから、年上あるいはこの手の女の子に祐は興味が無いのかも?
sandan06-003
学食おごりのオマケにされる康太と俊介。
自分を入れない所がミソかと。
sandan06-004
ミッションコンプリート。使える丸メガネ姉さん。
sandan06-005
寝起きの生徒会長と愛犬の弁慶。
源なので弁慶という事の模様。
sandan06-006
生徒会長宅の朝食。
sandan06-007
生徒会長宅の朝食風景。
背を向けてるのが父親、生徒会長の隣にいるが大学生の兄。
この画だけで、何となくどういう家なのか分かるようになっていて、その通りの家族だったりします。
sandan06-008
弓道部女子部員さん。
会長が近くで弓引いてるのに、平気で美少年が来てない云々と言ってたりして、もう何もかも事情を知っていて故意に言ってるとしか。
sandan06-009
諒のライン画面。
ケンカはしていても、「せんぱい」と登録してるのは変えない模様。そこは怒りに任せて「クソ野郎」とかにして欲しい所。
sandan06-011
諒が昔使っていたリトルトゥインクルスターズ(平たく言うとキキララ)のカップ。
諒のマミーはもう諒を、追い込みにかかってるとしか思えません。
sandan06-012
諒の自宅から帰る生徒会長。
諒の家だけ別の国の家にしか見えない作りになっています。
西洋かぶれもここまで来ると、ある意味立派かと。
sandan06-015
寒空に乾布摩擦をする幼少時の生徒会長。
三ツ星カラーズでは、絶対にないシーン。
sandan06-013
乾布摩擦してたら、親父が何か外出するぞと連れて行ってくれたのがピョーロランドで、それが全ての始まりだったようです。
親父さんは自分の子供のことをちゃんと見ていて、この子はガス抜きが出来ない気質なんだなと分かっていたのは良いのですが、なぜピューロランドというチョイスなのかは不明。
sandan06-016
生徒会長を瞬殺して、サンリオ魔道に陥れた魔犬シナモンさん。
今回の話から女の子が生徒会長を落とすなら、手を温かくしてから手を握って「大丈夫」とか言ってやれば、簡単に生徒会長は落とせるという事が判明。
sandan06-017
今週の豆知識。




サンリオ男子[長谷川 康太(CV.江口拓也)/水野 祐(CV.斉藤壮馬)/吉野 俊介(CV.大須賀純)/西宮 諒(CV.花倉洸幸)/源 誠一郎(CV.内田雄馬)]
ポニーキャニオン
2018-02-21