sandan05-008


 今回は西宮諒&源 生徒会長編の前編。
 話の内容的には今回も重めの話なんですが、さすがに重い話ばかりだと辛いと思ったのか、今回は水野祐をギャグメーカー的な位置に立たせて、合間にギャグ的な面白を絡めて幾分重いのを軽減した作りになっています。

 ただ、今回は作画のデキが通常とは違ったテイストというか、アレな感じでかなり微妙な感じになっていたのが残念でした。全話安定した作画というのは、一部を除けばかなり無理なのは分かってはいるのですが……。

 今回の西宮諒の抱えている問題の様な話(アニメやドラマ)があると、自分が変われば良いだろうという意見が出るのでます。それでうまく行く事もあるのはあるのですが、今の自分自体が好きな人にとっては、今の自分を変えて認められてもそれは何の解決にもならなかったりします。(何でも人のせいにしてる諒も良くないですが) その意味ではその辺を軽く自然にクリアしてる祐と、足掻き続けている諒が対立という図式はうまい話作りだと思いました。(そこに救いとなる(?)生徒会長が絡むという図式も)

 と書いてきましたが、次回の話の展開落としどころ次第の所もあるので、今のところは暫定的な感想です。今回もそれはそれで単体で面白かったので、次回の展開が楽しみだったりします。(ところで、ツッチーとマッチはどうするんだろう、遂に出番がなくなったんだけど)



sandan05-001
諒のマミー(中)とお姉ちゃんズ。(両端)もう1人いるんだけど1画面に映ってるカットがない。(無駄に声優が豪華だったりします)
「カワイイ」と言っている自分に酔いたいのは分かりますが、無自覚に息子(弟)の自尊心や尊厳をずたボロにしてるのはどうかと。
sandan05-002
今週の豆知識。
じゃあ俺は「ヌガー」か「うまい棒」で。
ちなみに今回のパワーワードは「変態」だったりします。
由梨ちゃんと「キモい」と「変態」のダブル攻撃が見てみたいです。
sandan05-003
モブJKの皆さん。何か「クイズとき子」さんに出て来そうなキャラデザに。
sandan05-004
怒り飯中の祐。
意外とキレ易いし冷めるのも早いという、瞬間湯沸かし器体質。
自分の事では怒らないけど、友人を悪く言われるとキレるというのは、確固たる自分というものを持っているためかと。
sandan05-005
もの凄い不自然な笑顔で、下級生に和解を持ち掛ける上級生の図。
sandan05-006
邪悪AIによる人体金属化現象ではなく、和解を豪快に受け入れられず石化中の祐。
sandan05-007
メインターゲットが女性のアニメのキャラがしてはいけない顔になっている祐。
何気に今回は祐の顔芸大会だったり。
sandan05-009
校則で不純異性交遊は禁じられているが、不純同性交遊は禁じられてない……、とかいう薄い本の1シーンではなく、真面目に話してる上級生(しかも生徒会長)の話はちゃんと聞けというシーン。
sandan05-010
sandan05-011
生徒会長と諒の違い。
じゃあ俺はコーヒー牛乳かいちごミルクで。
sandan05-012
諒の子供の頃の写真。
sandan05-013
諒の部屋に飾られていた絵。
わざわざ1カットで映しているという事は、何がしか意味があるのかもしれません。
sandan05-014
生徒会長とライン中。
アイコンがシナモンでなく、犬なのは何故。
sandan05-015
生徒会長に何でもかんでも丸投げの、ブラック生徒会。
sandan05-016
生徒会長のピューロランド年間パス。
有効期限がXX表示なので、意外と幻の無期限終身パスかも。
sandan05-017
ピューロランドで、シナモンに癒され中の生徒会長。
「また来てるよコイツ」とかシナモンの中の人は思っていません。
sandan05-018
サッカー部エースと平凡キングを、笑顔で瞬殺するチャラ男こと祐。
sandan05-019
生徒会長がマイメロを知っている事に驚く3人ですが、祐のスマフォの表面に「マイ・メロディ」と英字で書いてあるのは、話の都合で忘却しています。




サンリオ男子[長谷川 康太(CV.江口拓也)/水野 祐(CV.斉藤壮馬)/吉野 俊介(CV.大須賀純)/西宮 諒(CV.花倉洸幸)/源 誠一郎(CV.内田雄馬)]
ポニーキャニオン
2018-02-21