prichan82-001

今回のあらすじ
 勝手にライバル視して、勝手にイキって、勝手に爆死して、そして泣いた……。

今回の感想とか
 もはや動画配信で「いいね」を、多く獲得したご褒美としてのステージという設定すら忘却して、いまや何か分からない基準で話が動いているアニメの82話目。内容的にはよくスポーツ(部活)ものとかにありそうな内容で、取り立てて特筆すべき点があったわけではありません。

 観た感じプリリズシリーズにこういう話や展開があったので、それのオマージュっぽいのですが、プリリズシリーズの題材が架空のフィギアスケート的要素を持ったステージショウで、表向き大会で勝つというスポーツ的要素もあった事から、こういった展開も有りだったわけで、スポーツ的要素皆無というかアイドルもののプリチャンでこの展開は、ちょっとモヤります。

 海外との共同製作のような点もあって、多分にそちら向けの話も混ぜなければならないのでしょうが、多少は国内のお子様に向けた仕様に内容を改変(キッズアニメで「くそっくそ」連呼させんなや)したほうが良いのでは、という気が最近の話を観ていて思います。(何か最近はただ放送枠を埋めるために、放送してる感じだし)



prichan82-002
クレしんのしんちゃんが、よく風間クンにするヤツ。
prichan82-003
prichan82-008
まりやのカワイイ語が、リアルタイム翻訳できるようになったすず。
たぶん、字幕は演出側がプラスしたものかと。
prichan82-004
ゆめめめめめめ
prichan82-005
某ダンス練習場でアイリスのメンバーを罵倒しまくってて、陰で「狂犬」とよばれていた頃の芹沢名人と比べれば生温いあんな。(今回は作業服ノルマ未達成)
prichan82-007
前回で被り物が気に入ったのか、今回はTVの被り物で登場。
prichan82-006
prichan82-009
今回はやたら飛行船が出て来る回。
2枚目のは、「ジュエルペットハッピネス」だったら間違いなく「おまる」と呼ばれていたかと。
prichan82-010
話の都合でステージを、丸々カットされる主人公。
正当な理由さえ付けば、主人公をハブっていくスタイル。
prichan82-011
シルクちゃんやアレな生物を、カワイイという美的感覚のりんかに「すごく、カワイイわ」と言われても……。
prichan82-012
「くやしいは、前に進むための力になる」というまりやですが、私的な経験だとそういう人は往々にして目標達成したら終わってしまうんですがね。キッズ向けアニメで負の感情が人を動かす燃料になる的な事を言うのも、国内的には通じないと思うんですが……。
prichan82-013
プリリズシリーズではよく観た感のある光景ですが、さすがになる店長が意味不明な事を言ったりはしません。黙って見守るのみ。
すずが自分が負けた理由に気付いて、本当にカッコイイになれる日は来るのか? (その際にはグルグルのニケのような、カッコイイポーズを取りながら登場して欲しいモノです)
prichan82-015
今回の超作画シーン。
ここだけ劇場版かよっていうくらいのハイレベル作画。
prichan82-014
今回の虹ノ咲さん。
すっかり影が薄くなってしまってますが、今後の巻き返しはあるのか?





キラッとプリ☆チャン♪ソングコレク ション 〜ミラクル☆キラッツ チャンネ ル〜 DX
みらい(cv.林 鼓子)、えも (cv.久保田未夢)、りんか(cv.厚木那 奈美)
エイベックス・ピクチャーズ株式会社(Music)
2019-11-27