canonbus-023


 Netflixオリジナル・アニメシリーズ。現在はシーズン1の1〜12話を配信中。

 ドロイドのサムとケイシーが、不死身の賞金首フィリー・ザ・キッドを用心棒に、サムの故郷であるボディカ王国の王子がいるガラの城を目指して旅をする。

 というのが簡単な内容だったりします。ネトフリで事前に推していない配信告知も形だけとかなり力の抜けたプロモをしてるだけあって、前評判もよろしくないうえ配信されてからも海外での評判は芳しくないようです。

 制作体制は脚本は海外で、作画・演出などは日本でという体制。ネトフリのアニメなので海外配信されるのを考慮してこういう体制で作ったようですが、あまりうまく機能してるとは思えません。普通に主役3人の1話完結のロードムービー的な内容すれば良いのに、何故か逃走する王子側や敵側の思惑や事情にも等分に時間を割いてしまっていて、やや分かり難い形になっていたり、時系列も適当で万策尽きたのか最終的には強引に全部同一にして終わらせているのも拙いかと。

 作画のほうは、日本のサテライトが担当してるので安定はしていますが、徐々に中国への下請けがメインに。ただ、中国側のスタッフに七霊石氏がいるので、日本メインの時とほぼ同じクオリティだったりします。なので、作画的には安定はしていて問題ないかと思われます。(あんまり細かく見てないので不確定)

 全体的にパイロット版と言うかお試し版と言うか、そんな感じのデキになっていて、シーズン2が制作されれば本格的に話が動くという作りになっていて、やや消化不良に感じました。脚本面の弱さや不備も目に付いたのと、日本のTVアニメオマージュと言えば聞こえはいいですが、パクり上等なのは如何なものかという気もしました。(あと、各話の日本語サブタイトルのセンス無さ過ぎ)


canonbus-002
本作のヒロイン サム。
スペシャルアソシエイトモデル・ドロイド。平たく言えばお友達ロボ。
ですが、実はタイトルにもなっているキャノンバスター。
本作は彼女が”友達って何?”を知っていく話にもなっています。
canonbus-008
サムのお友達登録画面。
勝手に登録されるので、リスやらモグラまでお友達に。
canonbus-013
サムのキャノンバスターモード。
物凄い威力がありますが、あんま活躍しないのと、もっとすごいモードが隠されていたりします。
canonbus-003
本作のもう一人の主人公 フィリー・ザ・キッド。
復讐心から精霊(悪魔)と契約して不死身になったものの、何故か復讐は後回しで賞金首に。
ネトフリアニメなので、飲酒もタバコも吸うという昨今のアニメでは見られないキャラ。

canonbus-004
1話から豪快に殺されるフィリー。以降ほぼ毎話色んな殺され方で死にます。
どんな殺され方をするのかも本作のお楽しみポイント。(なのか?)
canonbus-007
不死身なので、殺されても数分で生き返ります。
なお、致命傷を負った部位に殺された回数が表示されます。
canonbus-009
メンテナンス・ドロイドのケイシー。(フルネームは、ケイシー・ターンバック)
声は冬でもノースリーブの井澤詩織氏なのですが、他の言語の吹替えが軒並みエフェクターをかけているなか、ノーエフェクトで声をアテているのは流石です。
フルネームなどから何やら秘密がありそうなのですが、今の所は何もないメカ好きお喋りキャラ。
canonbus-010
ベッシー。
フィリーの愛車。
コイン投入でエンジン始動だったり、牛ロボに変形したり、ガトリング砲を積んでいたりする素敵カー。
サイズが話数によってマチマチだったりしますが、そこは気にしない事に。
canonbus-015
ベッシーのレイジングブルモード。
canonbus-016
本作の敵役、魔術の王 ロック。
色々と事情があって王国を襲ったり、王子を追いかけてたりします。
フィリーと同様に精霊との契約で動いているようですが、その辺はまだ謎。
canonbus-022
敵キャラのレッド・ホライゾン・ファウンデーションの皆さん。
最終話まで活躍しないうえ、マンガやらアニメやらのパクり満載のキャラ。
ちなみに真ん中の人は、ナルトみたいに走って、ナルトみたいに分身して、ナルトみたいに殴ったり蹴ったりします。
canonbus-024
王国のケルビー王子。
王子なのですが、かなりのボンクラ王子だったりします。
canonbus-027
ボンクラ王子なので、自分を攫おうとしている敵役キャラに、走って付いていくという謎の人質に。
canonbus-029
王国の騎士オーディン。
ボンクラ王子にはムカついているものの、敬愛する王の命令なので王子の護衛役を全うしようとします。最終話からしてシーズン2(あれば)からは旅の仲間になる模様。
何かどっかで見たようなキャラの気もするでしょうが、このアニメほぼ全編そんな感じなので、気にしない方向で。
canonbus-030
ナイン。
47人の侍軍団の生き残りの浪人で、現在は暗殺者集団を抜けて個人で暗殺家業を続けているという、面白ハイブリッドパクりなキャラ設定を持つキャラ。
OPにも出ているキャラなのですが、あんまり出て来ません。
最終話を観る限りこちらも、シーズン2からのキャラになりそう。

canonbus-020
何かどっかで見た事あるようなデザインと動きをする敵メカ。
canonbus-026
なぁ〜んか、どっかで見た事があるようなシーン。
canonbus-001
最終話の外注スタッフには、あの万策尽きて作画崩壊したアニメ”いもいも”を救った事でも知られる七霊石氏とそのお仲間たちが参加。
canonbus-031
ラストカットが、暗転というのが何とも……。
車はケイシーが何かユニットを回収してるカットがあったし、シーズン2が始まったらあっさり復活してんだろうなと思いつつ、ここは空気を読んで「どうすんだろう、すげぇー気になる」とか言っておく事に。