AtlanticR-001




あらすじ

 前作から7年後の世界。(何故か字幕・吹替え共に数年後という表記になってます)怪獣への唯一の対抗策であるアルマダスーツの操縦系の問題を解決できないまま、人類は怪獣をどうにかしのいでいた。しかし、それも新手の怪獣の出現により終わりを迎える。正規パイロットが戦死・負傷するなか、アルマダスーツの開発者のロス博士は自らアルマダスーツに搭乗する事になる――。



感想とか……。
 パシフィック・リムの便乗映画の続編。前作では本家であるパシフィック・リムの配給元に名称を押さえられていて、”アトランティック・リム”の作品名が英国以外では使えず別名(バトル・オブ・アトランティス)でリリースされていましたが、本作では使用できるようになったようです。

 という訳で本作ですが、前作より作りは悪くなっています。意味の無いエピソードの挿入とか、アレな感じなCGは前作のままですが、本作は全体的に適当に作った感が否めません。前作にあった低予算便乗作ながら、監督自ら戦闘機パイロット役で出演とかバカっぽいノリとかはなくなってしまっていたり、戦闘シーンもアレなCGはCGなりに、ちゃんと見せようという所もなくなっています。また、日本語吹替えも前作の本家を踏襲した面がなく、普通になっていて吹替え版のみのお楽しみもなくなってしまっています。

 また今回はCG面の予算の削減なのか、戦闘シーンで魅せるべきシーンを軒並み効果音のみで魅せたり、怪獣映画なのに怪獣との戦闘より小型クリーチャー(別のクモ映画からのモロ流用)との戦闘がメインになっていたりして、非常に残念な作りになっています。

 話のほうも怪獣がどこから来て、何者によって送り込まれているのかが判明するのですが、特にそれが話に絡んで来なかったり、投げっぱなしで終わるエピソードがあったりと、こちらも非常に雑な作りになっています。

 ツッコミ映画としても、ツッコミ所は多々というか全編あったりするのですが、表向きマジな雰囲気な作りになっているせいか、どうもツッコんで楽しめません。(兵士や人員が少ない理由が「他所に出払っているから」というのには笑ったけど)

 字幕・吹替えのどちらで観るかですが、本作は吹替えのほうが良いかと、この手の映画にありがちな出演してる役者の演技がアレなので、吹替えで多少なりともブーストをかけて観たほうが得策かと。(まぁこの手の映画をマジで字幕と映像追いながら観る人もいないと思いますが)

 という訳で、前作はツッコミ映画として楽しめたのですが、本作は私的には楽しめませんでした。



AtlanticR-002

本作のアルマダスーツ。字幕・吹替え共にアルマダ・ロボットと呼称されてますが、前作の呼称のほうがカッコイイので、ここではアルマダスーツと表記します。


前作の様な実験機ではなく、量産目的の試作機なので基本フレームは一緒で、そこに装甲と銃火器を加えた作りになっています。

AtlanticR-010

本作の主人公 JPロス博士。

アルマダスーツの開発者。前作で神経リンクが最初装備されていなかったのもこの人のせいだった模様。本作でも神経リンクの問題点は改善できないまま使用せざる得ない状態になるのですが、途中からその辺は忘れ去られます。

 日本語吹替えの声優は、何故かアルバトロス系列の声優事務所に所属してる三上哲氏。今後もアルバトロス系列のアレな映画に出てくれるようです。


AtlanticR-003

本作の一応のヒロイン ホロイッツ博士。博士らしくない服装なのは、前作同様に監督の趣味の模様。

前作のオバチャン博士と電話で話していて、どうやらオバチャン博士の部下な感じ。

AtlanticR-011

アルマダスーツの正規パイロットの皆さん。

前作では黒人さんが良い人でしたがモテないというのが怒られたので、本作では良い人でモテまくります。(ただし、初戦で戦死)

女性二人も初戦で負傷、何かに感染して隔離監禁その後いなかった事にされて終了という酷い扱い。

AtlanticR-004

本作の前半・中盤に出て来る怪獣。とっても弱いけど、なかなか死なない。

AtlanticR-005

ミサイル発射。(ただし、ミサイルが飛んだり当たるシーンはない)

AtlanticR-006

普通この台詞の後なら、ガトリング砲をぶっ放すロボが画面に出ると思うじゃん――、

AtlanticR-007

残念、本作ではオジチャンのケツが出て来て、遠くのほうでガトリングをぶっ放してる音と怪獣の咆哮が聞こえるという謎演出が。

AtlanticR-008

本作のメイン怪獣ともいえる、小型クモ怪獣。今時スターシップトルーパーのバグズまんまの動きをしたりします。

AtlanticR-009

本作終盤に出て来るいわゆるボス敵。DNA的なモノがアレがアレしてアレするとこうなるらしいのですが、CGモデル的には前半の怪獣と色以外は大差ありません。




アトランティック・リム [DVD]
スティーブ・リチャード・ハリス
アルバトロス
2018-06-02



★DVD/アトランティック・リム/洋画/ALBSD-2230
★DVD/アトランティック・リム/洋画/ALBSD-2230