aifre74-003

今回のあらすじ
 今度はラブミーティアとアイ・ビリーブが全員いなくなってしまった。
 シイタケとブラックコーヒー。
 忘れ去られた、ラブミーゾーンとスペースアイカツ。
 5年越しの気持ち。
 山籠もり。
 そして、輝き続ける一握りのアイドル。

今回の感想
 5年越しの話に決着が――、という話だったのですが、その5年前の話に絡んでいたラブミーゾーン云々は、完全に忘れ去られていて笑うしかありません。(以前の話でゾーンは関係なかったと言われてますが、ゾーンを使わないと勝てない相手だったはず)まぁこの辺は今回は勝負ではないので、という事にしておくのが良いかと。

 Aパート丸々山籠もりに使ったため、本筋であるはずのジュエリングフェスがただステージ2回分を流すだけになってたりするのですが、それでもちゃんと話的にはまとまっていて、要点を絞ったうまい構成で1話で2ステージフルを流した作りは、うまいなと思います。


aifre74-001
aifre74-002
極道 カレン姐さんの弱点を克服すべく用意された。椎茸フルコース。
オマケの夏川椎菜さんを、付けていないのでやり直し。
aifre74-003
カワイイ顔をすれば許してくれるかもと、極道カレン姐さんらしからぬ、かわいい顔をしてみるも……。
aifre74-004
特に意味の無い動物3匹。
aifre74-005
極道らしく、やられたらやり返すのブラックコーヒー7杯分。
そして、人を殺る時のいつもの極道スマイル。
aifre74-006
かわいい顔をすれば―(略
aifre74-007
その頃、アイビリーブの2人も、遊び呆けて特訓していた。
aifre74-008
aifre74-009
aifre74-010
もう出ないと思われていたベイビーパイレーツと、その他諸々の皆さんが急に登場。
売れていないので、仕事が無くて暇だから来たのではく、あくまであいね達を応援するために、急遽無理してやって来たんだからね。
なお、何でもセーラー服仕様にするマリンちゃんですが、流石にコートはセーラ服仕様に出来なかった模様。
aifre74-011
「こんなライブ…、お金じゃ買えない……」と、涙ぐむ婆さんだったら正解だったのですが……。