mankoDays-001

 1話2分尺の短時間アニメ。

 初見ではヤマもタニも何もない「う〜ん」な感じのアニメだったのですが、少し見方をシフトして視点を変えて見た所それなりに楽しめるアニメになりました。

 で、どういう見方にしたかというと、コミュ障を拗らせてマジキチになった主人公の妄想日常を描いたアニメという見方に変えて見ました。(しかも、学校には主人公以外のマジキチが2人も潜んでいたというオマケも付けてみました)そうすると、一気に全編に不穏さが漂い始めたのと、ツッコミ所満載で楽しく観る事ができました。

 ただ、制作側のテンションが後半辺りからだだ下がりな感じが、全編に出ていてプロ野球の消化試合を観ている時と同じ感覚を感じたのが残念でありません。

 あと、嵐はもう少し早めに出して、主人公たちと絡ませてやるべきだったかと、制作サイドがどの辺に重きを置いて制作してたのかは分からないのですが、猫というペット・動物を通してコミュ障の主人公が世界と自然とうまく関わっていけたり、人との関わりも捨てたモノではないと思うようになる過程は、2分アニメでも描けたと思うのですが。

 人気がどのくらいあったのかは分かりませんが、たぶん2期があってもその頃にはこの1期を観た事すら忘れてしまっている確率が高いのですが、こうして記事にしておくことで、少しでも記憶に残っているだろうと信じて終わりにしたいと思います。


mankoDays-002
1話冒頭、主人公の「――、学校が嫌いだった」という過去形の独白で始まるものの、別に回想でも何でもなく普通に現在進行形の話だったりと、既に主人公にマジキチが入っています。
mankoDays-003
で、この3人というか3匹が主人公の飼っているネコ。
一般家庭で飼えるとは思えない種のネコばかりなので、本当は存在してないか、あるいは雑種やら三毛猫とかが主人公の妄想で高級種に見えていると勝手に設定して観てました。
mankoDays-004
主人公のお母さん。
何故か生気を感じない声で話すのと、猫の存在をガン無視しています。
ネコのほうも主人公以外の人間がいると、一切喋りません。
普通に考えると、主人公が学校にいる間はお母さんが世話してるはずなのに、なついてるなどの描写は一切なし。(それ以前に存在自体がいなくなっています)
mankoDays-005
ここでは、左にあるコップが左に倒れているのですが――、
mankoDays-007
その直後のシーンでは右に倒れているという不思議。
現実ではなく、主人公の妄想なので可能な現象と思ってみてみました。
mankoDays-008
ネコの描いた絵を見て、魚という主人公。
この絵が魚に見えるのは、主人公がマジキチだから。
mankoDays-009
日曜日の午後、ネコたちと外出する主人公。
誰もいません、この後丘の上にある公園から街を見下ろしますが、ゴーストタウンのように誰もいません。
主人公の妄想世界では、自分たち以外は存在していないといった所でしょうか。
mankoDays-010
主人公に次ぐマジキチ、マジキチ2号。
財力・美貌・人望・知力・体力と全てを労せずして手に入れた故に、飼い猫以外に心を許せずマジキチに。
どう見ても、公共の公園っぽい場所を私有地とか言ったりします。
mankoDays-011
ココでもネコは一切喋りません。左端のネコ以外は人なつこい性格という設定なのですが、一切動かないし一言も喋りません。
普通に考えれば、「誰?知り合い?」とか「友達出来たんだね」くらい言いそうなモンですが……。
mankoDays-014
寄り道して来た喫茶店を自分の家が経営してると言うマジキチ2号。
その割には店員が普通に注文取りに来てるし、何かあやしいんだけど。
mankoDays-015
主人公と友達になれて喜ぶマジキチ2号と、その姿を見てドン引き中のマジキチ2号の飼い猫。
というか、学校で毎日楽しそうに話してる連中の事は、どう思っているんだろうか?
mankoDays-016
主人公が学校にいる間、お腹が減ったので何か食べようと主人公のおやつとして出て来たのがコレ。現役JKのおやつが”ほたて貝ひも”って……。
mankoDays-017
マジキチ2号の成績表。
やっぱりマジキチなんで、コミュニケーション的な問題があってOCが1点減点されてるかと。
mankoDays-018
終盤になって登場したマジキチ3号。
同じマジキチ同士の同族嫌悪なのか、やたらとマジキチ2号と張り合います。
mankoDays-019
自分の成績表を故意に投げ捨てるように落とすマジキチ3号。
mankoDays-020
マジキチ3号の成績表。
やはりマジキチ故のコミュニケーション能力的問題でOCが減点されてます。
mankoDays-021
マラソンの最中に猫と遭遇して固まるマジキチ3号。
mankoDays-022
これが件の猫なのですが、コレが怖いとかありえないので、主人公にはこう見えているが、マジキチ3号には凶悪なクリーチャーに見えていると勝手に判断。
mankoDays-024
お祭りでのマジキチ3号。2号に大食い勝負を勝手に挑んできますが、主人公と2号に豪快に無視されます。(ソレどころではない状況だった)
mankoDays-025
最終話ラストカット。
取って付けたような”またね♪”が、適当過ぎて何とも言えません。
あと、左端のネコの仲間外れ感が半端なくて、最終話とは別の意味で涙を誘います。



にゃんこデイズ 通常盤 Blu-ray
にゃんこデイズ 通常盤 Blu-ray

にゃんこデイズ まーの299(にくきゅう)Tシャツ L[グルーヴガレージ]《04月予約※暫定》
にゃんこデイズ まーの299(にくきゅう)Tシャツ L[グルーヴガレージ]《04月予約※暫定》