coverimoimo

 2018年秋開始アニメ「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」のサウンドトラック。OP&ED曲のTVサイズを含む全40曲を収録。(DL版を購入したのですが、全部一括で買うと2200円なのに、個別に買うと1曲150円なので全部買うと6000円という面白価格設定)

 作曲は全曲やしきん氏。(OP・EDは除く)全40曲と曲数が多いですが、劇伴曲という事で1曲が長くても2分半くらいの短いものばかりです。(1分ないもの多数)アニメ本編のほうは、原因は定かではありませんがアレな感じでしたが、劇伴曲としては前に出過ぎず引っ込み過ぎずという良いポジションをキープしていたと思います。

 曲のタイトルも適当なモノや関係ないものでなく、ちゃんとアニメのタイトルを捩ったもの(桜のラジオ番組のジングルでかかっていた曲が「ジングルだけどベルじゃない」とか、ピンクパンサーの曲っぽい曲が「ピンクだけどパンサーじゃない」など)になっていたり、曲の使用されるであろうシーンに合わせた曲タイトルになっています。この辺は手を抜かずにちゃんと考えられており、褒めて良い所だと思います。

 あと、これだけ曲数があると未使用曲もあるのではと思ってたのですが、聞いてみると意外とどのシーンで使われていた曲かがあっさり分かる曲ばかりでした。(2・3曲分かりませんでしたが、それっぽいシーンを探したらあっさり判明)

 という訳で、アニメ本編はアレな感じになっていますが、このサウンドトラックに関しては、ジェケ絵が宣材使いまわしとかの難点もありますが、未収録の曲もなく(たぶん)未使用曲で水増しもなくと及第点以上はあげて良いデキとなっています。(ちなみにSpotifyで全曲聞けたりもします)